ここは体外受精によって新たな命をお腹に授かったまみが、ベビちゃんを腕に抱く日まで⇒抱いてからを綴っています。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/07(月)10:00
1981年10月17日
群馬県のとある病院で誕生。

ちょっと飛びます。

2005年6月
旦那と結婚を前提にお付き合い&ベビ待ちを同時に開始。

2006年8月
ブライダルチェックを受ける。
何も異常は発見されなかったけれど
医師から異常がなくても不妊の場合もあるから安心するなと忠告される。

2007年2月17日
入籍。

2007年3月25日
挙式&披露宴。

2007年6月
旦那とベビ待ちを始めてから2年経過。
不妊治療について旦那と話し始める。

通院開始1周期目(2007年9月4日~10月3日)
群馬県内の不妊専門病院(TAC)デビュー。
タイミングを見ながらフーナーテストを行う。
フーナー1回目⇒可もなく不可もなく。
フーナー2回目⇒良好。

2周期目(2007年10月4日~11月6日)
卵管造影を行う⇒詰り等の異常なし。
ピックアップ障害の疑いありと診断を受け
医師から体外受精へのステップアップを勧められる。
完全自然周期で1回目の体外受精。
成熟卵1個を採取するも受精せず。

3周期目(2007年11月7日~12月4日)
2回目の体外受精を行う。
クロミッド&hMGスプレー点鼻で排卵誘発を行う。
成熟卵1個、変性卵1個の計2個を採取。
成熟卵1個をフリカケで受精。
4分割の新鮮胚を移植するも着床せず。

4周期目(2007年12月5日~12月29日)
3回目の体外受精を行う。
クロミフェン&hMG注射で排卵誘発を行う予定が
D8の診察日に排卵間近な状態になっていたため
注射は中止してD10に採卵。
成熟卵1個、未成熟卵1個の計2個を採卵。
成熟卵1個をフリカケで受精。
4分割の新鮮胚を移植するも着床せず。
未成熟卵は成熟卵まで培養してからフリカケで受精。
胚盤胞まで育てて凍結予定が8分割で停止。

5周期目(2007年12月30日~2008年1月28日)
カウフマン療法で卵巣を休ませる。
漢方薬局へ通い始め、漢方薬の服用を始める。

6周期目(2008年1月29日~2月29日)
治療を受ける気持ちになれず病院への通院はお休みし、漢方のみ服用。

7周期目(2008年3月1日~3月28日)
治療を受ける気持ちになれず病院への通院はお休みし、漢方のみ服用。

8周期目(2008年3月29日~4月22日)
4回目の体外受精を行う。
クロミフェン&フォリスチム点鼻で排卵誘発を行う。
直前まで卵胞は左に3個しか確認されていなかったにもかかわらず
採卵時にエコーで確認してみると右1個、左5個の卵胞があった。
最終的に未成熟卵2個を採卵、残りはすべて空胞。
未成熟卵2個は成熟卵まで培養してから
フリカケで受精を試みるも2個とも受精せず。
腹痛や腹部の張りが酷くなる⇒左卵巣:6cm、右卵巣:3、4cmの腫れ。
診察時の医師の応対や、スタッフの応対に不信感を感じ転院を考える。
漢方薬に対しても疑問を抱き始め服用をやめる。
漢方の服用をやめる代わりに鍼治療へ興味を持つ。

9周期目(2008年4月23日~5月21日)
鍼治療を始める。
通い始めた鍼センターの院長の話を聞き転院はしばらく先にし
まずは質のいい卵を育てることに専念しようと思い始める。

10周期目(2008年5月22日~6月18日)
鍼治療のみ通院。

11周期目(2008年6月19日~7月17日)
鍼治療のみ通院。

12周期目(2008年7月18日~8月19日)
鍼治療を受けつつ鍼センターからの紹介で
大学病院の産科婦人科(G大)へ転院。
卵管造影を行う⇒卵管の閉鎖や狭窄、子宮奇形などの異常なし。

13周期目(2008年8月20日~9月16日)
血液凝固異常(第12因子低下)と
抗リン脂質抗体症候群(抗PE抗体IgGと抗PE抗体IgM)に引っ掛かり
不育症と診断される。
高温相7日目の内診で多嚢胞気味であることが判明。
次周期の採卵に向け、高温相8日目からLong法での誘発を開始。

14周期目(2008年9月17日~10月17日)
Long法(前周期の高温相8日目から1日3回のスプレキュア点鼻と
D3からフォリスチム150単位の注射)で誘発を行う。
採卵の結果16個採取し、受精へ回したのは14個。
14個をフリカケで受精させ、9個の受精卵ができる。
不育症対策としてバファリン81mgを服用しながら
10分割程度の受精卵1個を新鮮胚移植するも着床せず。
D17に8個の受精卵を凍結。

15周期目(2008年10月18日~11月26日)
病院への通院はお休みし、鍼治療のみ通院。

16周期目(2008年11月27日~12月26日)
病院への通院はお休みし、鍼治療のみ通院。

17周期目(2008年12月27日~2009年1月22日)
病院への通院はお休み。
低温期のみ鍼治療に通院。

18周期目(2009年1月23日~2月20日)
病院への通院はお休みし、鍼治療のみ通院。

19周期目(2009年2月21日~3月20日)
病院への通院はお休み。
鍼センターから鍼灸院へ転院。

20周期目(2009年3月21日~4月18日)
病院への通院はお休みし、鍼灸院へ通院。

21周期目(2009年4月19日~5月19日)
鍼灸院へ通院しながら、D20(高温相6日目)にG大へ通院再開。
内診の結果、右卵巣に13mmの影があるため移植周期を延期することに。

22周期目(2009年5月20日~6月16日)
鍼灸院へ通院しながら治療を受ける。
D5からプラノバールを1日1錠、21日間服用し
薬を飲み始めて14日目、D18に診察を受ける予定だったが
D18が土曜日のため、前日のD17に受診。
D17の診察で卵巣などに異常がなかったので
D18から1日3回のスプレキュア点鼻を始めHR周期へ突入。

23周期目(2009年6月17日~7月23日)
HR周期にてBT予定。
D18まで1日3回スプレキュアを点鼻。
D7から不育症対策のためバファリン81mgを服用開始。
D7からD10までプレマリンを朝晩1錠ずつ服用。
D11からD14までプレマリンを朝晩2錠ずつ服用。
D15からD23までプレマリンを朝晩3錠ずつ服用。
D19からプロゲホルモン注射開始。
D22に凍結胚を融解し、追加培養開始。
D23に1個の初期胚をET。
D35に陰性判定。

24周期目(2009年7月24日~8月7日)
8月中旬に採卵を行えるように
D3からD13までプラノバールを1日1錠服用し周期を調整。
D12からスプレキュア点鼻を始め
次周期の採卵に向けLong法での誘発を開始。

25周期目(2009年8月8日~今現在)
Long法(前周期の高温相7日目から1日3回のスプレキュア点鼻と
D4からフォリスチムの注射)で誘発を行う。
D14に採卵を行った結果10個採取し、受精へ回したのは10個。
10個をフリカケで媒精させ、10個全てが受精卵となる。
D15から不育症対策としてバファリン81mgを服用しながら
D19に5日目胚盤胞(グレードは3AB)を2個移植。
D31(BT12、4w3d)に陽性判定。
カプロシン5,000単位×2の自己注射を始める。
D38(BT19、5w3d)に2つの胎嚢確認。
D42(BT23、6w0d)に1人の心拍確認。
D49(BT30、7w0)にバニシングツインの可能性を伝えられる。
D74(BT55、10w4d)にカプロシン5,000単位の自己注射終了。
D98(BT79、14w0d)にリプロ外来卒業。
17w0dにG大産科外来へ通院開始。
34w2dにバファリン81mgの服用終了。
2010年5月24日(41w3d)に身長49.5cm、体重3,384gの男の子(愛称ふぅちゃん)を出産。


illust2003_thumb.gifillust1995_thumb.gif


スポンサーサイト
ランキング

!ランキング参加中です!
ベビちゃんを抱けるように
頑張っている方の
ブログがありますピカッ

したポチっとしてくださいした
福助よろしくお願いします福助

にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(天使ママパパ)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ バニシングツインへ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最近の記事+コメント

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯でも読めます

QR

RSSリンクの表示
遊びに来てくれた方

只今の時刻は…

ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/

プロフィール

まみ

Author:まみ
群馬出身、埼玉在住
1981年生まれの専業主婦

旦那
埼玉出身、埼玉在住
1981年生まれの会社員

ふぅちゃん
2010年生まれの男の子

キネンビ


ふぅちゃんの成長

基礎体温

モラタメ

モラタメサイトは、メーカーが新発売する新商品が無料でもらえたり、送料費用相当を負担するだけで試せるサイトです!

楽天でお買い物

なかなか外出できない時は楽天でポチっと!

gremz

arthur “きらきらぼし”

再生したくない場合には
右下にある
一時停止ボタン( || )
もしくは
停止ボタン( □ )を
押してください。

 | まみのプレママ⇒ママ日記☆Don't strain myself!TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。